なぜ産業廃棄物の不法投棄が行われるのか?【主な原因を挙げてみた】

最終処分場のクレーン 会社

産業廃棄物の不法投棄が行われる原因

年々不法投棄に関する法律上の規制や警察の取り締まりは厳しくなっていますが、それでも不法投棄は行われ続けています。

産業廃棄物の不法投棄が行われる原因については多岐に渡ります。今回は産業廃棄物の不法投棄が行われる主な原因を上げていきます。

ドラム缶などの産廃不法投棄の山

産業廃棄物処理手続きの煩雑化

産業廃棄物を処理する過程には色々な工程があります。排出事業者から産業廃棄物を受けた収集運搬業者は中間処理場へ運び、焼却や破砕、融解などの処理を行います。その後、最終処分場へ運ばれ埋め立てられるという流れが一般的です。

また、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託により行うにはマニフェストという管理票を使用しての手続きが必要となります。これも厳格に産業廃棄物の発生から最終処分までの工程をたどらなければならないものですから、産業廃棄物に関わる事業者にとっては大きな負担となります。

これらの産業廃棄物処理にかかる手続等が厳格化し、煩雑化しているため、それらの手続きを行う余裕がなくなってしまったり、そもそも適正な手続きを踏む気の無い業者などが不法投棄に走ってしまうようです。また、産業廃棄物の処理にかかる費用をカットするために不法投棄に手を染めてしまう事業者もいます。

金物などの産廃不法投棄の山

産業廃棄物のリサイクルについて

産業廃棄物のリサイクルに対しては、少なからず費用がかかります。しかし、リサイクルをしたからといってそのリサイクル品に対しての需要がなければ売れません。

リサイクル品は様々な作業工程を要するため、作業費や人件費がかさみ、従来品よりも価格が高くなる傾向があります。そのため、そのリサイクル品が多く売れる物でなければ、リサイクルにかかる費用が上がっていってしまうということもあるのです。

リサイクルに費用がかかるが、そのリサイクルによって生み出されたものに需要がないといった悪循環はリサイクル原料となる産業廃棄物の不法投棄に結びつきます。

最終処分場のキャパシティの低下

産業廃棄物は中間処理等を行った上で、リサイクルを行えない状態のものは最終処分場で埋め立てることとなります。しかし、その最終処分場のキャパシティは無限ではありません。

産業廃棄物の埋立地

埋立地を新たに作ることは容易ではありません。そのため、いつかは埋立地がなくなってしまうという可能性だって少なからずあるのです。

最終処分場のキャパシティが低下してくることによって、埋め立てにかかる費用も増加します。そのため、埋め立てにかかる費用を捻出できなくなった業者が不法投棄に走ることも多くあります。

排出事業者は産業廃棄物収集運搬業者のどこを見るか?

そのため、産業廃棄物を排出する事業者は、産業廃棄物の収集運搬や中間処理、最終処分を行う事業者について、不法投棄を行う危険があるかどうかを非常に気にします。

不法投棄は当然犯罪ですが、それを行った事業者だけでなく、その産業廃棄物を排出した事業者も罪に問われることがあるからです。

産業廃棄物収集運搬業者

そもそも実際に不法投棄を行った事業者を委託先に選定したという責任がありますし、その廃棄物の最終処分までをしっかりと監督していたかどうかまで問われてしまいます。

そのため、産業廃棄物収集運搬業を営む事業者は、「私達は産業廃棄物を適正に収集運搬し、絶対に不法投棄は行いません」という意志をしっかりとアピールできるような運営を行いましょう。

当事務所はご依頼者様に出来るだけご負担を掛けないお手続きを心がけております。産廃許可申請等の代行を利用して手間と時間をカットしましょう!
お手続きの流れはこちらをクリックしてください
産廃許可申請等の代行を利用して手間と時間をカットしましょう!
当事務所お手続きの流れはこちら
タイトルとURLをコピーしました